茨城・千葉・東京で、オールオンフォー・ラジオグラフィックガイド・ゼノスター・インプラント・ジルコニアなら茨城県神栖市の歯科技工所・向後セラミックスにおまかせ下さい。

チタンブリッジ

歯上最軽量の快適性

純チタンは歯科で使用される金属の中で最も比重が低いため、大きな  フレームケースでも軽量な補綴物を作成することが可能です。  金属アレルギーにかかりにくい金属は総体的に比重が高いため、  それらで製作したコーピングや補綴物はズッシリと重量感のあるものに  なってしまいます。

 

チタンの比重は4.51(g/cm3)で現在歯科で一般的に用いられる  金属の中では最軽量。金19.32、銀10.39、パラジウム12.02らの半分以下です。  オールセラミックスで注目を集めているジルコニアよりも軽量です。

優れた生体親和性

チタンのもう一つの特徴は生体親和性に優れている点です。  強固な酸化膜を形成し耐食性にも優れた性質を持ちます。

体に優しい性質を活かすために、鍋やフォーク・スプーン、腕時計  のベルトなど多くの工業品に利用されています。 医療分野では  人口骨やインプラントなど、体内に埋め込まれる症例などに多く  用いられています。

KaVoエベレストで高品質なコーピングを作製

チタンは加工が難しく、鋳造によるコーピング作成では品質が  安定しないケースもあります。

向後セラミックスでは歯科技工用CAD/CAM装置・ KaVoエベレスト  でチタンコーピングを作成するため、鋳造ミスのない安定したチタン技工  物をお届けすることが出来ます。

▲TOP

トップ臨床ケース会社概要よくある質問お問い合わせ採用情報リンク集サイトマッププライバシーポリシーフォトギャラリー

オールオンフォーインプラントAGCジルコニアチタンブリッジラジオグラフィックガイドノーベルガイドゼノスターCAD/CAMエベレストCAD/CAMノーベルCAD/CAMゼノテック